【バスケットボール部男子】 延長戦制しインカレ出場権獲得

 10月22日、大阪商業大学に於いて第61回関西学生バスケットボールリーグ戦(対天理大第1戦)が行われた。序盤、関学は試合のリズムをつかみ順調に得点を重ねる。しかし、次第に得点できない時間が続き、焦りから何度もファウルをとられてしまう。そして試合終了間近に46-46と同点に追いつかれ、試合は延長戦へ。気合いを入れなおした関学は勝利への粘りを見せ、53-50で勝利。関学は本日の試合結果により全日本インカレへの出場を決めた。
試合後のコメント
主将・柳田将人(法4)「ディフェンスでは相手の長身センターを抑えられたと思う。中盤、オフェンスが重たくなり5人で連動して動けなくなってしまった。今日でインカレ出場が決まったけど、インカレではこんな試合をしてたら勝てないと思う。明日も天理大という実力のあるチームと試合ができるので、明日はインカレに目を向けたゲーム展開の試合をして勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です