【硬式野球部】 近大先発・中後を攻略!

 10月16日、皇子山球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対近大2回戦)が行われた。初回、失策が重なり近大に先制を許してしまう。だが直後の2回、8番・飛嶋真成(法4)の適時打で1ー1の同点に追い付く。そして6回、5番・谷雄太(商3)の適時二塁打で勝ち越し。その後4点を追加し、6ー1で近大に勝利した。
試合後のコメント
清水監督「投打が上手く噛み合った試合だった。特に(先発の)飛嶋は良く投げてくれたと思う」
主将・越智英貴(社4)「選手全員気合いが入っており、最後まで集中してプレー出来た。最終戦の明日、勝って終わりたいと思う」
投打で活躍した飛嶋「結果を気にせず精一杯投げた。明日の最終戦も登板するつもりで臨みたい」
本日3打点の谷「(近大先発の)中後から打てて良かった。4年生は明日で引退なので、チャンスが回ってくれば打って勝利に貢献したいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です