【ボクシング部】 新体制、白星スタート!

 10月16日、関西学院大学に於いて慶應義塾大学対関西学院大学対抗戦が行われた。関学は、1番手のフライ級・山下(文3)が勝利し流れを作ると、後続の選手も次々と白星を重ねていく。中でも、4人目に登場したライト級・高木(経2)は相手に反撃のすきを与えずパンチを打ち込み、RSCで勝利。結果、関学は見事4ー1で勝ち星を挙げた。
試合後のコメント
主将・宮本健志(商3)「全勝での勝利を目指していた。1敗してしまったが、全員が全力を出せていたので、良い試合だった。次の立教大との試合まで2ヶ月あるので、強い選手に勝てるようしっかり練習していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です