【アイスホッケー部】 勝利も目標に届かず

 10月16日、滋賀県立アイスアリーナで行われた、第58回関西学生アイスホッケー選手権、対佛大。関学は第1P(ピリオド)、久守(商3)のゴールで先制する。その後も得点を重ね、7-0で勝利した。しかし、目標としていた16点には届かず、ほろ苦い勝利となった。
試合後のコメント
主将・小玉大地(社4)「今日はシュートの精度が低かった。パスやレシーブもミスが多くて、それが今日の得点になってしまった。立命大が(佛大に)15点取っていたので、得失点差も考えて、それ以上は取りたかった。1週間しっかり調整して、次の龍大戦は大差で勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です