【準硬式野球部】 リーグ最終戦で関大にサヨナラ勝ち

 10月12日、皇子山球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第5節2日目(対関大)が行われた。先発・吉山(総3)は3本のヒットを打たれるも好投を見せ、相手に点を与えない。だが関学も1回に先頭・弘中(文3)がヒットを放ち、2回にも2本のヒットを打つも得点にはつながらない。両チーム無得点のまま、迎えた延長10回裏、7番・堀口(商3)、8番・小平(文2)がヒットを放つ。続く森川(法3)もフォアボールで出塁し、満塁に。このチャンスで真谷(商2)がセンター前にサヨナラヒットを放ち、1対0で関大に勝利した。関学は9勝1敗でリーグ戦を首位で終えた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です