【硬式野球部】 逆転負けで勝ち点落とす

 10月10日、皇子山球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対同大3回戦)が行われた。関学は4回、7番・山崎裕(経2)の適時打で先制。だがその後終盤にかけて打ち込まれ、1ー6で同大に敗北し勝ち点を落とした。
試合後のコメント
清水監督「序盤にはチャンスもあったが、攻め切ることが出来なかった。しっかり練習して、最終節となる次節の近大戦に臨みたい」
主将・越智英貴(社4)「一球の大切さが身に染みた試合だった。まだ3位の可能性は残っているので、Aクラス入りして来年に繋げたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です