【硬式野球部】 同大に勝利

 10月8日、皇子山球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対同大1回戦)が行われた。初回、3番・芝田崇将(人3)の中前適時打で先制。さらに2回には8番・中島一夢(商1)の本塁打も飛び出し、3回までに4得点を挙げた。9回に1点差まで追い上げられたが、4ー3で同大に勝利した。
試合後のコメント
清水監督「投打ともに良い状態なので負けるわけにはいかなかった。相手投手の立ち上がりを、上手く攻めることができたと思う」
主将・越智英貴(社4)「序盤は良かったが中盤からボール球に手を出すようになってしまっていた。明日は、最初から最後までしっかり頑張ります」
先発・蒔野健太(文3)「初回から得点してくれたので、楽に投げることができた。8回まで思い通りの投球ができたと思います」
本塁打を放った中島「打ったのはストレート。フライかと思ったが良く伸びてくれました」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 杉本佑一 より:

    このまま同大から勝ち点を上げて、近大を倒して優勝へ向けて、一直線だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です