【準硬式野球部】 立命大に勝利し、優勝マジック2が点灯!

 10月5日、大阪市南港中央野球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第4節1日目(対立命大)が行われた。4回、2死から山崎(社3)がセンター返しで出塁。山崎は5番・高島(商3)への2球目で盗塁を成功させ、先制のチャンスを広げた。そして高島は見事ライトへ安打を放ち、先制に成功する。関学は7回にも、深堀(商3)がスクイズを決め追加点を手にした。先発・吉山(総3)は8回に連打と守備の乱れから、失点。しかしそれ以上は失点を許さず、6対1で立命大に勝利した。これで関学には秋季リーグ戦優勝マジック2が点灯した。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「立命大には前に悔しい負けをしていたので、絶対勝ちたかった。ずっと練習してきたスクイズを深堀が決めてくれて良かった。優勝を意識するのは早いけど、明日からも一試合一試合勝っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です