【サッカー部男子】 阪南大に敗れる

 10月2日、J―GREEN堺メインフィールドにおいて第89回関西学生サッカーリーグ1部後期第2節が行われ、関学は阪南大と対戦し、1-3で敗れた。前半13分に先制された関学は同38分にMF梶川(社4)のゴールで同点に追いつくも、後半の立ち上がりに立て続けに失点。その後得点は奪えず、後期リーグ初黒星となった。次節は10月8日に行われ、関学は山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場で近大と対戦する。

試合後のコメント
主将・桑野(経4)「試合に向けての準備はしっかりできていたと思う。前半はゴールシーン以外にも形は作ることができていたが、後半に追加点を取られた後自信を失ってしまった。次の試合に向けて練習から自信を持って取り組みたい」
高橋「後半の立ち上がりに失点したことが大きかった。前半はうまくいっていたが、勝負どころで負けていた。次節も相手に関係なく自分たちのすべきことをしっかり準備して挑みたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です