【準硬式野球部】 阪大に連勝

 9月29日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節2日目(対阪大)が行われた。関学は初回、相手に2本のヒットを打たれ2点を奪われる。だが2回に高島(商3)がフォアボールで出塁し、斉藤(経2)が送りバントを決めランナーが得点圏に進む。このチャンスに小平(文2)がレフト前にヒットを放ち、1点を返す。さらに3回に中西(法3)が内野安打を打ち、盗塁も見事成功。続けて斉藤が打球をレフトに運び、同点に。この回さらに1点を奪い、逆転に成功する。関学は6回、7回とさらに追加点を手にし、6―2で阪大戦を連勝で終えた。
 先発を任された吉山(総3)は、初回に2本のヒットを浴び、2点を奪われてしまう。だがそんなピンチを打撃陣が助けた2回、5番・高島(商3)がフォアボールで出塁。続く斉藤(経2)が送りバントを決め、阪大戦からレギュラー入りを果たした小平(文2)に打順が回る。初球のボールを見送り、2球目のストレート。狙っていた通り打球がレフトに放たれ、1点を返す。これにより関学は流れをつかんだ。3回、1番・長井が四球を選び、これに続く中西(法3)の内野安打、斉藤のライト前ヒットにより2点を返し逆転に成功、3対2に。この後も吉山は阪大に毎回安打を許すが、要所を抑えピンチ切り抜ける。6回から登板した妙見(経3)も好投を見せ、阪大に1点も与えない。さらに関学は6回、7回に追加点を手にし、阪大を引き離す。最終9回も三者凡退で締め、結果6対2で阪大に勝利した。
 この後も立命大、関大との試合を控える関学。主将・中西は「恐れることなく戦っていく」と語る。
チーム中西は秋季リーグ戦後半も持ち前の明るさと団結力で戦い、頂点を目指す。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「1日目のコールド勝ちと先制されるという試合を経験できてよかった。立命大戦は恐れることなく、しっかりやっていきたい」
試合の流れを変えた小平聖「期待に応えようと必死だった。(主将に)何も気にしないでいいから自分の振りでいけと言ってくれたのが大きかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です