【フェンシング部】 敗戦するも、チームの成長を見せる

 9月30日、大山崎町体育館に於いて第61回関西学生フェンシング選手権大会が行われた。最終日の今日はエペ女子団体予選、サーブル男子団体予選が行われ、両種目とも予選敗退に終わった。
試合後のコメント
主将・小泉裕平(法3)「長年取れていなかったインカレ出場権を個人と団体ともに獲得することができてよかった。敗戦しても次につながる負けであったと思う。来年のリーグ戦で上位を狙える戦力がついてきた。インカレやリーグ戦に向けてまた練習に励みたい」

今大会でインカレ出場権を獲得した選手
フルーレ男子団体
フルーレ男子個人
山地貴士(社4)
フルーレ女子個人
菊地有紗(経1)
エペ男子個人
山地貴士(社4)
エペ女子個人
菊地有紗(経1)
村田佐起子(教3)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です