【準硬式野球部】 大量得点で7回コールド勝ち!

 9月28日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節1日目(対阪大)が行われた。2回、先頭・中西(法3)が四球を選び出塁。送りバントで1死二塁のチャンスを作り、今季初スタメンの小平(文2)がセンターへの二塁打を放ち先制に成功した。その後、2点を追加した関学は3回にもさらに1点を手にする。守りは先発・妙見(経3)が落ち着いたピッチングで相手打線を封じた。また5回には、1死満塁で6番・斎藤(経2)がレフトへのホームランを放ち一挙4点を追加した。阪大を7回まで無得点に抑えた関学は、8対0で7回コールド勝ちを収めた。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「2回に3得点して、今日は早く試合を決めようと思っていた。(初スタメンの)小平が先制点を取ったり、収穫の多い試合だった。下級生が活躍してくれると、チームの力も上がるのでうれしい。これからも優勝目指して、とにかく残りの試合を勝つだけです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です