【庭球部男子】 接戦制し大体大に勝利

 9月18日、シーサイドテニスガーデン舞洲に於いて平成23年度関西大学対抗テニスリーグ戦(対大体大)が行われた。昨日中断された時点で5−0と関学の勝利は決まっていた。だが、気持ちを切らさず序盤から思い切って攻める関学。強気のプレーで攻め抜き、8−1で勝利した。
試合後のコメント
主将・笠井雄剛(人4)「接戦になったダブルス3本でしっかり取れたので、良い形でシングルスにつなげられた。競った試合も取れてるし、徐々に上がってきてるからこの調子で次戦は9−0で勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です