【硬式野球部】 立命大に快勝

 9月16日、南港中央球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対立命大2回戦)が行われた。関学は初回、立命大に先制点を許すも、 直後の2回表に一挙4得点の猛攻。4ー1と逆転に成功する。その後3回に1点を返されるも、4回からマウンドを任された永島太一(商2)が好投を見せ、4ー2とリードを守りきった。
試合後のコメント
清水監督「永島は完投能力のある投手。堂々とピッチングしてくれて、内容も良かった」
主将・越智英貴(社4)「好投手・工藤から打てたことは関学打線の自信になるはず。負けられない戦いが続くが、気持ちに余裕を持ち、最後まで集中して戦っていきたい」
6回無失点の好投を見せた永島「持ち味の打たせて取るピッチングができた。悪い流れを断ち切りたかったので良かったです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です