【ソフトテニス部男子】 本来の力発揮できず

 9月17日、長浜ドームに於いて平成23年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦(第1日目)が行われた。関学は関外大、立命大、天理大と対戦した。新チームとなって初めての試合。緊張からか、選手たちはミスを連発してしまう。そして1つも白星を挙げることができず、0勝3敗で1日目を終えた。
試合後のコメント
主将・和田泰幸(商3)「幹部交代をしてまだ日が浅いが、部員全員で同じ方向を向くことを意識して練習してきた。関外大戦と立命大戦では相手チームに4年生がいたこともあり、経験の差が出たのだと思う。今日はキャプテンらしいことが何もできなかった。明日は関西5連覇中の同大と対戦するが、勝てない相手ではない。みんながそれぞれの力を発揮できるように頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です