【硬式野球部】 立命大に惜敗

 9月15日、南港中央球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対立命大1回戦)が行われた。3回表、先発・蒔野健太(文3)が立命大打線に打ち込まれ3失点。6回裏、無死満塁の好機を作り2点を返すも、追加点を奪えず試合終了。2ー3で立命大に惜敗した。
試合後のコメント
清水監督「相手投手は打ち崩せない程ではなかった。次節以降を消化試合にしないためにも明日も頑張ります」
主将・越智英貴(社4)「いつもと同じでは何も改善しない。明日は違った視点で、試合に臨みたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です