【準硬式野球部】 同大に悔しい逆転負けで今季初黒星

 9月15日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節1日目(対同大)が行われた。関学は初回、2番・深堀(商3)のライト前安打を皮切りに三者連続安打でチャンスを作る。先制の好機に6番・斎藤(経2)への初球が悪送球となり、三塁走者がその間生還。関学は先制点を手にすると、さらに斎藤のタイムリーで1点を追加した。関学が2点のリードを守り、迎えた7回。死球と三塁打で同点に追いつかれると、4番の安打でついに勝ち越されてしまう。関学は9回、1死満塁のサヨナラ勝ちのチャンスも二者連続三振に倒れ、2対3で今季初の敗北を喫した。
◆奪った先制
 春季リーグ戦では1つの白星もあげることができなかった相手。それが第2節に待ち受けた同大であった。関学ナインは並々ならぬ思いでこの戦いに臨んでいた。
 同大戦1日目。先発マウンドに上がったのは、関学きってのエース・妙見(経3)だ。初回、先頭をライナーで打ち取るも2番打者に安打を許し、ランナーを背負う。しかしその後落ち着いたピッチングで3番をセカンドゴロに打ち取り、4-6-3のダブルプレーを成立させ約10球でこの回を締めた。エースが作った良い流れで迎えた攻撃では、2番・深堀(商3)がライト前に安打を放つと続く山崎(社3)、中西(法3)も同じくライト前に運び、関学は1死満塁の好機をつかむ。続くバッターボックスには5番・高島(商3)。1球目を見送った2球目、三塁方向へのスクイズをしかけるが三塁走者が惜しくも生還できず、2死満塁。関学のチャンスは続く中、6番・斎藤(経2)の初球が暴投となり、すかさず三塁走者・山崎がホームに滑り込み、見事先制点を手にした。さらに打席の斎藤もレフトへタイムリーヒットを放ち、1点追加。関学はこの回4安打2得点を奪った。
 守るエース妙見も毎回安打を許すも要所を抑え、無失点で6回を終えた。中盤ダメ押しの追加点が欲しい関学であったが、相手投手に完全に封じ込まれ3、4、5、6回全てを3者凡退に抑えられた。
 2点リードを守る関学であったが、勢いに乗り始めた同大の勢いに押されぎみで迎えた7回。ついに、妙見が同大打線につかまってしまう。死球で2死一、二塁のランナーを背負うと、クリーンナップに3連打をあび、この回3点を返された。まさかの逆転に肩を落とす関学ナインであったが、まだ勝負は終わっていない。円陣を組み、再び心を一つにしたチーム中西。8回からは今シーズン開幕投手を飾った吉山(総3)がマウンドを引き継いだ。吉山はテンポ良く投げていき、8、9回を1安打無失点で抑え切った。そして逆転サヨナラ勝利を狙い、チーム中西は最終イニングへ向かう。先頭の5番・高島がセンター前ヒットを放ち、出塁。7番・堀口(商3)の打席で高島が盗塁を決め、打者は四球を選んだ。1死一、二塁、得点圏にランナーが進んだ場面で、代打に柴田(経2)が送り出される。期待に応え柴田はライト前ヒットを放ち満塁となった。しかし、その後2者連続三振で関学は無念にも同大に2対3で敗北を喫した。またしても対同大に黒星となった関学。全勝優勝はなくなったものの、リーグ優勝へのチャンスはまだまだある。チーム中西は気持ちを切り替え、ただ優勝へ向け突き進む。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「結果は負けてしまったが、ミスもなかったし内容は良かった。全勝優勝はなくなったが、優勝はまだある。皆、切り替えられていると思うので、明日は勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です