【硬式野球部】 関大に連勝ならず

 9月11日、関西学生野球六大学秋季リーグ戦対関大3回戦(於・阪神甲子園球場)が行われた。関学は初回、5番・松浦大則(商4)の犠飛で先制。試合はそのまま動かず、1―0で迎えた8回裏。関大の5番・藤嶋の安打と味方の失策により逆転を許すと、関学は反撃及ばず。1―2で敗北し、勝ち点を奪われた。
試合後のコメント
清水監督「追加点が欲しかった。投手陣は良く頑張ってくれた」
主将・越智英貴(社4)「両校気合いが入っていて、本当に最後まで分からない戦いだった。次の試合に向け、気持ちに余裕を持って戦えるようにしっかり準備したいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です