【硬式野球部】 関大にサヨナラ勝ち

 9月10日、阪神甲子園球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対関大)が行われた。関学の先発投手・蒔野健太(文3)、関大の先発・吉川の好投により両チームとも無得点のまま延長へ突入。そして11回裏、2死から死球で出塁した芝田崇将(人3)が悪送球の間に生還。見事、1ー0でサヨナラ勝ちを収めた。
試合後のコメント
清水監督「先発の蒔野を含め守備が良かった。投手陣の軸はしっかりしていると思う」
10回無失点の好投を見せた蒔野「序盤は緊張したが、4回以降安定した投球ができた。ストレート中心に投げました」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 杉本佑一 より:

    今日の関大戦では絶対に勝利を目指せ!昨年のわかさスタジアムでの雪辱を晴らして、一気に優勝だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です