【ハンドボール部男子】 接戦制し、同大に勝利!

 9月10日、山城総合運動公園に於いて平成23年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦(対同大)が行われた。関学は先制点を手にするも、相手の固いディフェンスに阻まれなかなか得点を上げられない。一時、点差を4点と広げられてしまうが、粘り強い攻撃で徐々に点差を縮めていく。そして稲積(人2)のシュートで同点に追いつき、パスカットからボールを受けた屋富祖(文1)が正確にシュートを決め、逆転。9ー8の1点リードで前半を終えた。迎えた後半、すぐに点を入れられ追いつかれてしまう。しかし相手のミスを見逃さず、攻撃につなげ点差を広げていく。そして23―20で接戦を制した。
試合後のコメント
主将・山口寛人(社4)「今日は点差が開いたときも、声をかけ合って雰囲気はとても良かった。次は連戦になるので、速攻のバランスなどを確認して、全員で勝ちにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です