【準硬式野球部】 リーグ開幕戦、神大に勝利!

 9月7日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第1節1日目(対神大)が行われた。初回、1番・長井(法3)がホームランを放ち先制する。2回にも下位打線が作ったチャンスを生かし、長井が3塁打で2点を追加。味方の援護を受けた先発・吉山(総3)は好投を続け、3対0で開幕戦を白星で飾った。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「初回に先制点を取ろうと話していたので、取れて良かった。序盤以降、点が取れなかったのが反省点。攻撃の形を確認して、明日は丁寧に野球をしたい」
サイクルヒットを達成した長井一真(法3)「ホームランを打ったときから(サイクルヒットを)狙っていた。達成できてうれしい。今季は本塁打、打点、打率十傑、盗塁のタイトルを取りたい」
神大を完封完投に抑えた吉山佳佑(総3)「緊張はあったが、調子は良かったのと、野手に助けられて勝てた。今季は先発で投げるので、チームに貢献して最多勝などのタイトルを取りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です