【体操部】 チーム一丸で演技!

 8月29日、和歌山ビックホエールに於いて第65回全日本学生体操競技選手権大会が行われた。関学からは宮田一平(人4)、佐貫由明(人3)、池田要道(経2)、田中優貴(教2)、渡辺彬(人2)、尾川祐哉(人1)が男子団体2部に出場。堂々とした演技を披露し、関学は11位となった。
試合後のコメント
主将・加集翔平(商4)「自分が試合に出られない中、どうやってチームを引っ張るか考えたが、やはりチーム一丸となることが大事だと思った。今日はそれが出来ていたと思う。堂々と演技していたのが良かった。今日で引退だが、この4年間はやりたいことをたくさんやらせてもらった。優しい先輩、ついてきてくれる後輩がいてくれたおかげです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です