【陸上ホッケー部男子】 白星も内容に不満

 8月24日、舞洲陸上ホッケー場で行われた第39回西日本学生ホッケー選手権。対神外大戦。関学は前半から相手ゴールを果敢に攻めるが決定力を欠き、1ー0で前半を折り返す。後半はPCなどを決め、最終スコア6ー0で勝利した。
試合後のコメント
主将・加藤宏明(商4)「どうしても相手のホッケーに合わせてしまう。波がある。そうゆうのは気持ちの問題。全員が強い気持ちで臨まなければ、今日の内容では社会人リーグの強豪校はおろか、次戦からの1部のチームにも勝てるかわからない。自分が何をすべきか臨機応変にプレーしていかないといけない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です