【硬式野球部】 プロ相手に完封リレー!

 8月17日、阪神鳴尾浜球場に於いて夏季オープン戦(対阪神タイガース二軍)が行われた。両チームとも投手陣が好投し、0ー0で迎えた9回表。2死から4番・萩原圭悟(商3)が二塁打で出塁。続く5番・松浦大則(商4)の適時打により貴重な1点を奪う。その裏、阪神打線を三者凡退に抑え1ー0で勝利した。
               R H E
関学 000 000 001=1 6 2
阪神 000 000 000=0 7 1
関学)飛嶋、蒔野、ボイラン―山崎裕
阪神)清原、島本、石川―中谷、橋本
 相手は二軍とはいえ、阪神タイガース所属のプロ野球選手。その強敵に果敢に立ち向かい、見事勝利をつかんだのだった。
関学は初回、3番・黒木秀太(社1)の左前安打などで2死一、三塁の好機を得るも無得点に終わる。一方の阪神も関学の先発・飛嶋正成(法4)、中継・蒔野健太(文3)らの好投に8回までまさかの無得点。こうして0-0で迎えた最終回。関学打線は容易に打ち取られ2死となった。打席に入ったのは4番・萩原圭悟(商3)。フルカウントからの6球目を右翼後方へ運び、萩原は一気に二塁へ。萩原の代走として上宮総(社4)がグラウンドへと送られ、続く5番・松浦大則(商4)が打席へ入る。のちに「どうしても決めたかった」と語る松浦の打球は左前安打となり、俊足の上宮は三塁ベースを蹴り本塁へ生還。阪神から貴重な先制点を奪い1-0とした。そして継投のボイラン・フィヨン・隆治(社3)が阪神打線をピシャリ。プロ野球選手相手に、見事守り勝つ関学野球を見せつけたのだった。
試合後のコメント
主将・越智英貴(社4)「プロに勝てたことはもちろんのこと少ないチャンスを生かすことができたのは、今後の自信につながると思う。良い経験になりました」
先発投手・飛嶋正成(法4)「ストレート中心の投球でテンポ良く投げることができた。秋のリーグ戦でもチームに貢献できるよう頑張ります」
決勝打を放った松浦「学生と比べプロのストレートは伸びがあり圧倒された。秋のリーグ戦に向けて良い刺激になりました」
得点につながる二塁打を放った萩原「序盤は上手くタイミングを取れなかったが、最後の打席では修正し対応できました」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です