【サッカー部男子】 天皇杯出場に王手

 8月7日、三木総合防災公園陸上競技場に於いて第14回兵庫県サッカー選手権準決勝(対バンディオンセ加古川)が行われた。関学は前半を0-0で折り返すと、後半8分にMF梶川(社4)の鮮やかなミドルシュートで先制点を奪う。同22分にはMF阿部(文4)がPKを落ち着いて決め2-0。関学はそのまま逃げ切り、決勝に駒を進めた。決勝は8月28日に行われ、関学は三洋電機洲本と対戦する。この大会の優勝チームが第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会の出場権を得る。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です