【ソフトテニス部】 悔しさ残る結果

 8月6日、早稲田大学所沢キャンパステニスコート他に於いて全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会(団体戦)が行われた。男子は日大に敗北しベスト32、女子は青学大に敗れベスト16に終わった。
試合後のコメント
女子主将・今井加織(社4)「青学大にも勝たないといけなかったが、相手のテンポについていけなかった。関学とは全然違うテニスだったが、それでもうまく対応していかないと。まだまだ全国に通用しないということだと思う。春からうまくいきすぎていて、「自分たちならいける」と思いすぎていたのかもしれない。すぐに個人戦が始まるので、気持ちを切り替えて集中したいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です