【水上競技部競泳パート】 関カレ最終日/男子1部3位、女子2部優勝

 7月31日、大阪プールに於いて第85回関西学生選手権水泳競技大会(最終日)が行われた。関学は今日も各選手が力泳を見せ、入賞者を多く輩出。さらに、1年生の活躍も目立ち、数多くの成績を残した。また、女子2部200㍍リレーで見事に優勝。さらに、男子1部800㍍リレーで1位に迫る勢いの2位となった。3日間の総合成績は男子は121点で1部3位、女子は165点で2部1位とし、男女ともに好成績を残して関西インカレを終えた。本日の入賞者は以下の通り。
男子1部400㍍個人メドレー
前家空(国1)、5位
女子2部100㍍自由形
遠藤奈々(文4)、優勝
山本麻利(社2)、2位
男子1部100㍍自由形
樋口拓夢(社1)、2位
久米亮(社4)、8位
女子2部100㍍背泳ぎ
田部井美里(教3)、2位
男子1部100㍍背泳ぎ
今別府俊成(商3)、5位
縄田岳(人4)、7位
田島初(文4)、8位
女子2部200㍍平泳ぎ
平原雪子(商4)、優勝
男子1部200㍍平泳ぎ
平谷源(文3)、7位
試合後のコメント
主将・田島初「男子は目標を最低限達成できたが、優勝も狙えたのでそこが悔しかった。女子は優勝したものの、全員表彰台に立てなかったという部分で目標が達成できなかった。全日本インカレでは、チーム一丸となって全員が自己ベストを更新できるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です