【重量挙部】 実力発揮できず

 7月9日、はびきのコロセアムに於いて第51回西日本学生ウエイトリフティング選手権大会が行われた。69kg級に出場した黒田(教1)は、スナッチ競技で67kg、続くC&ジャークで82kgを持ち上げトータル149kgと前回の大会を上回る成績を残す。同階級に出場した上脇(社4)は体調が整わず、スナッチ競技で3連続失敗し記録は0。C&ジャークで100kgを持ち上げたものの記録なしで終わった。77kg級では玉川(文3)が出場しスナッチ競技で97kg、C&ジャークで124kgを持ち上げトータル221kgを持ち上げるも、目標には届かず悔しさが残った。また、85kg級に出場した春名(法1)はスナッチ競技で60kg、C&ジャークで75kgでトータル135kgを記録。同階級の古吉はスナッチ競技で83kg、C&ジャークで93kgでトータル176kgで試合を終えた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です