【硬式野球部】 大量得点で同大撃破

 6月29日、豊中ローズ球場に於いて関西学生野球六大学春季新人戦準決勝(対同大)が行われた。初回、同大に先制を許してしまう。しかし2回以降、関学打線は爆発。さらに相手のミスも重なり計11得点を挙げ、11―1で同大に大勝した。
試合後のコメント
チーム監督・川合洋生(社4)「点差が開いても満足せず、貪欲に点を取りにいけた。昨年は春秋ともに決勝で敗れたので、今季こそ勝って雪辱を果たしたいです」
チーム主将・徳山靖(商2)「緊張もなく良い雰囲気で試合に臨めた。自分たちのペースで野球を出来たと思う。明日の決勝戦も勝って優勝します」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です