【アイスホッケー部】 総合関関戦敗北

 6月17日、関西大学アイスアリーナに於いて第34回総合関関戦が行われた。試合開始直後から関大ペースで試合は展開される。第1P(ピリオド)、第2Pと3点ずつ失点。だが第3P3分、小玉(社4)からパスを受けた咄下(神2)がシュートを決める。こうして1点を返すも後が続かず1―6で試合終了。関関戦で敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・小玉大地「他人に頼るプレーをしていては関大には勝てない。チーム全体が戦略を理解し上手く対応することが必要。週末の関西インカレでは無失点を心掛けます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です