【ボクシング部】 最終戦、4-5で惜敗

 6月12日、関西大学に於いて第65回関西ボクシングリーグ戦最終戦(対龍大)が行われた。1番手のライトフライ級・前田和輝(経4)が奮闘するも惜しくも敗北。だが、フライ級・日上弘二(法4)が4年生の意地を見せ勝ち星を挙げるなど、各選手が大活躍。最後まで勝敗がわからない試合を展開し、4-4で最終試合へ。だが、ミドル級・田尻健太(文3)がRSC負けを喫してしまう。結果4-5で龍大に惜敗し、今試合で4年生は引退となった。
試合後のコメント
主将・前田和輝「みんなよくやってくれた。だが、最後に勝ち試合を後輩に見せられなかったのが悔い。来年はぜひ優勝してほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です