【水上競技部水球パート】 健闘するも課題残る

 6月11日、鳥羽高校に於いて関西選手権水泳競技大会が行われた。関学は初戦(対金沢市立工業高)、相手の攻撃に押され6-13で敗北。続く2戦目(対阪大)は、終始勢いのある攻撃でリードし続け13-2で圧勝した。
試合後のコメント
主将・小山善正(商4)「関学の今の課題は相手のレベルに合わせること、また試合の立ち上がりが悪いこと。リーグ戦まで時間は少ないが、試合を重ねてチーム力を向上させていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です