【重量挙部】 関大に敗北

 6月5日、関西学院大学重量挙場に於いて行われた第34回総合関関戦重量挙競技会。関学は健闘するも11―35で関大に敗れた。
◆完敗
 個人の力を伸ばす。これを胸に、重量挙部の新チームがスタートした。
 迎えた新チーム初の試合、総合関関戦。69㎏級に出場した大和屋(文2)は、自己新記録達成という目標を掲げ挑んだ。試合前に「いけると思った」そう語る大和屋はスナッチ競技で1回目の60㎏、2回目の65㎏を見事に成功。そして最終の3回目で自己新記録の70㎏へ挑戦する。バーベルを握る。そして集中力を高め力いっぱいに持ち上げるも最後まで挙げられず自己新記録達成は果たせなかった。そして、続くC&ジャークでも新記録は出せずトータル145㎏で試合を終えた。その他の選手も関学の勝利に検討するも11―35で関学は敗北した。
◆挑戦
 今年も関関戦で敗北を喫した関学。主将・道幸(人4)は「個人の目標をしっかり達成できるようにしたい」と語る。7月にある試合に向け、関学重量挙部は挑戦し続ける。
2011kk-zyuuryouage.jpg
試合後のコメント
主将・道幸和平(人4)「全体的に成功率が悪い。今後は練習をしっかりして、ポイントを確実に取って行きたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です