【庭球部】 辻田・黄ペア悲願の関西制覇達成!

 6月5日、靱テニスセンターに於いて行なわれた平成23年度関西学生春季テニストーナメント、男子ダブルス決勝。関学は辻田(商3)・黄(経3)組が近大と対戦した。序盤、ジュースが続きなかなか決めきれない場面もあったが、落ち着いたプレーで着実に得点を重ね、6-1で第1セットを奪う。続く第2セットも勢いそのままに攻め抜き、ゲームカウント6-2で試合終了。見事優勝を果たし、悲願の関西王者の座を手にした。昨日、女子ダブルスでも優勝したため、関学は今大会ダブルスにおいてアベック優勝を成し遂げた 。
試合後のコメント
辻田「今日勝ててほっとした。僕にとって、今日の試合は関西大会で3度目の決勝戦だったが、やっと優勝できてうれしい」
黄「今回優勝できたのは、勝負どころで決められたから。インカレではベスト8以上を狙って戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です