【硬式野球部】 近大に連敗し、リーグ戦終える

 5月23日、皇子山球場に於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対近大2回戦。雨天順延となった2戦目は、激しい降雨の中での試合となった。関学は初回に先発のボイラン・フィヨン・隆治(社3)が危機を切り抜けると、その後は強打の近大打線を前に安定した投球を見せた。だが4回に4番・野瀬に本塁打を浴び、5回にも追加点を許して0―2とされる。一方、打線はこの日も近大のエース・中後を攻略出来ない。放った安打はわずかに1本と、ほぼ完璧に抑えられてしまった。こうして0―2のまま関学は敗北。近大戦で連敗を喫し、勝ち点を落とした。また、関学はこの試合をもって春季リーグ戦の全日程を終えた。
試合後のコメント
清水監督「今季は他大学と比べて投手力の差を感じた。勝つチームになるためには、軸となる選手が必要。センターラインももう一度見直して、メンバーを固定出来るようにしていきたい」
主将・越智英貴(社4)「(リーグ戦初戦を迎える前に)オープン戦では結果が残っていて、少し油断があった。秋のリーグ戦ではどんな場面でも粘り強く戦えるように、今後は練習から意識していきたい。リーグ戦以外の大会でも、試合の流れを作る最初の入り方をもっと大事にしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です