【硬式野球部】 同大に敗北し、優勝無くなる

 5月18日、皇子山球場に於いて関西学生野球六大学春季リーグ戦(対同大)4回戦が行われた。3回裏、4番・萩原圭悟(商3)の適時打により先制し1―0とする。しかし8回表、連打や犠飛により2点を失い逆転を許してしまう。さらに9回表、同大に追加点を与え1―3で敗北。勝ち点を落とした関学は、これにより優勝の可能性が消えてしまった。
試合後のコメント
清水監督「力の差は無かったが、最後までエースが投げきった同大に対し、関学は5人の投手が継投。この差が勝敗を分けてしまった」
主将・越智英貴(社4)「序盤の好機を得点につなげられなかったのが良くなかった。週末の近大戦では、結果はどうであれ後悔しないように頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です