【硬式野球部】 苦戦強いられるも勝利

 5月14日、皇子山球場に於いて関西学生野球六大学春季リーグ戦(対京大)1回戦が行われた。初回に先制点を奪い幸先の良いスタートを切るも、3回裏京大に勝ち越しを許してしまう。だが5回、松浦大則(商4)の三塁適時打により同点に追い付く。そして8回、黒木秀太(社1)の二塁適時打により勝ち越し。4―3で京大に勝利した。
試合後のコメント
清水監督「先発の調子が悪くても、きちんと控え投手が抑えてくれている。明日もがんばります」
主将・越智英貴(社4)「1回2回と得点できたが、その後油断からか点につながらなかった。明日はチーム全体で京大に立ち向かいたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です