【ソフトテニス部女子】 表彰台を独占!

 5月14日、同志社大学に於いて平成23年度関西学生ソフトテニス選手権が行われた。関学は圧倒的な強さを見せ、主将・今井加織(社4)が優勝、北川愛(社3)が準優勝、石原雅子(経3)が3位という結果を残した。
試合後のコメント
主将・今井「初優勝は、精一杯やった結果だからうれしい。この大会に出られるのは最後だし、絶対に負けたくないと思っていた。シングルスに重点を置いていたわけではないが、応援が後押ししてくれた。ベスト4に関学から3人残れたのは良かったし、過去最高だと思う。この代になって、みんなテニスへの考え方が変わった。キャプテンは背中で見せるしかないので、日本一に向けて頑張っていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です