【ハンドボール部女子】 悔しい春季リーグ戦3位

 5月8日、関西福祉科学大学に於いて平成23年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦(対福科大)が行われた。前半、連続得点を決められ、流れが福科大に向いてしまう。関学は7メートルスローなどで得点を重ねるも、5―11で前半を終了する。後半早々に金島(商3)が得点を決め、関学は勢いに乗り始め、同点に追いつく。だが、相手に続けてシュートを決められてしまい、また点差が開く。結果、15―18で敗北を喫した。これで関学は今季リーグ戦3位となり、入れ替え戦出場はならなかった。
試合後のコメント
主将・塩谷美咲(商4)「同点に追いついてから、点を決められなかった。勝負所で決められないのがチームの弱さ。後輩たちにはこの悔しさを忘れず、秋季リーグ戦に挑んでほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です