【バドミントン部男子】 まさかの敗北

 5月7日、大阪市立中央体育館に於いて関西学生バドミントン春季リーグ戦最終戦(対関大)が行われた。果敢に攻撃をしかけるも、ペースを奪われ敗北。まさかの6位となり、次戦入替戦に臨む。
試合後のコメント
主将・西川夏樹(経4)「全体的に、まだ勝つことへの執着心が足りていない。入替戦の相手、同大は1部と変わらない実力を持っているが絶対に勝ちにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です