【バドミントン部女子】 悔しさ残る3位

 5月7日、大阪市立中央体育館に於いて関西学生バドミントン春季リーグ戦第最終戦(対立命大)が行われた。関学は流れをつかめず立命大に敗北。得失点差で惜しくも関西3位に終わった。
試合後のコメント
女子リーダー・野田郁恵(人4)「関西制覇を狙っていたので残念。この結果を受け止め、これからの練習を頑張るしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です