【陸上ホッケー部女子】 初の勝ち点獲得!

 5月5日、甲南大学六甲アイランドグラウンドにて行われた関西学生ホッケー春季リーグ戦、対同大。関学は今季負けなしの同大に対し一進一退の攻防繰り広げ、0ー0で引き分けた。今回の引き分けで創部初のリーグ戦勝ち点1を獲得した。

 大体大戦から4日後、選手達の表情は晴れ晴れとしていた。「前の2試合みんなの顔が固かったから、元気よくプレーしよう」と主将・入江はチーム全員に話した。その効果か、関学は格上の同大相手に堂々とした試合展開を見せる。
 関学は前半から相手のキープレーヤーを徹底したマークで押さえ込み、相手に好きなように攻撃させない。また相手のPC(ペナルティコーナー)もGK富やMF西堀を中心とした守りで防ぎ、ゴールを死守した。だが攻撃ではサークル内までボールを持っていく前に奪われてしまい、なかなか得点に結び付くプレーが出来ない。3回のPCも決めきることは出来ず結果0―0の引き分け。しかし同大相手に無失点と大健闘した。
 今回は善戦するも公式戦初勝利とはならなかった。だがリーグ戦では初の勝ち点1を獲得。「感情としては複雑。すごく悔しくもある」。引き分けだったがそれでもチームは1試合を終える度に確実に成長している。
 次は昨年苦い思いをした関大戦。「今日の試合は自信になった。勢いで負けなかったら大丈夫。必ず勝ちたい」。次こそは1年越しの思いを果たし、フィールドに歓喜の涙が流れるはずだ。
【富大活躍!】
 今回同大の猛攻を耐えしのぎ、ゴールを割らせなかった富。前半30分には相手との1対1も、飛び出して防いだ。
富「無我夢中で必死でやっていた。大体大戦は自分のミスで失点したので、今日は無失点で抑えたかった」。
 昨年初心者で入部した富はキーパーに就いて今年で2年目。技術も上がり、またチームの戦力が上がったため昨年よりも失点が少なくなった。しかしそれ以上に富は無失点にこだわっている。
富「以前OBに無失点でいれば負けることはないと言われて。それからどの試合も無失点でいきたいと思うようになった」。
 次の関大戦は関学にとっては負けられない一戦。勝利は富の活躍にも懸かっている。「今年はなんとしても1勝挙げたい。目標はもちろん無失点」。富が目標を達成したとき、関学は新たな一歩を踏み出す。
試合後のコメント
主将・入江佐江子(理4)「ディフェンスが事前に立てた戦術通り動けて相手を抑えることができた。同大に対してはワンチャンスをものにして勝ちにいくつもりだった。しかし全体の戦術理解はあがっているものの、攻撃はまだまだ個人に頼ってちぐはぐな所も多い。今回の引き分けを自信にして次の関大戦で初勝利を挙げたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です