【バスケットボール部男子】 ベスト4入りならず

 5月3日、大阪市立東淀川体育館に於いて第38回関西学生バスケットボール選手権大会準々決勝(対同大)が行われた。前半、積極的にボールを奪い攻撃のチャンスを増やす関学。28ー24とわずかにリードし、後半を迎えた。だが後半、ペースをつかめず同大に得点を許す。そして、惜しくも53ー59で敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・柳田将人(法4)「前半はいい流れでできたが、後半で粘りきれなかった。明日はディフェンスをもっと強化して、絶対に勝つ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です