【陸上ホッケー部女子】 初勝利お預け

 5月1日、舞洲ホッケー場で行われた関西学生ホッケー春季リーグ戦(対大体大)。関学は前半に2失点してしまう。後半は終始攻め続けるも逆に失点し、0-3で敗北。初勝利は次回に持ち越された。

試合後のコメント
主将・入江佐江子(理4)「今日はみんな緊張していて焦っていた。負けたことは悔しいが、自分の中ではチームを冷静に見られた。6回ものPC(ペナルティーコーナー)を決めきれなかったのが今の実力。課題は得点力がないこと。目標の2位は厳しいけど、今日の反省を活かして、残りの試合は勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です