【バドミントン部男子】 近大に惜敗

 5月1日、龍谷大学体育館に於いて関西学生バドミントン春季リーグ戦(対近大)が行われた。優勝候補の近大相手に善戦するが、流れをつかみきれず2ー3で惜敗。リーグ戦3連敗となった。
試合後のコメント
主将・西川夏樹(経4)「最初のシングルスで勝ったが流れをつかみきれなかった。近大に勝利していたら40年ぶりだったので悔しい。次の立命大も強いが勝つ気でいく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です