【ハンドボール部女子】 接戦制せず今季初の敗北

 5月1日、田辺中央体育館に於いて行われた平成23年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦(対龍大)。先制点を奪わながらも、すぐに櫻井(教1)のシュートで追いつく。関学はその勢いのまま攻めるも、相手に連続で点を入れられてしまう。点差は開き、7―11で前半を終えた。後半はお互いに固い守りを見せる。なかなか点の入らない時間が続き、苦しい試合となった。関学は10―16で、今季初となる敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・塩谷美咲(商4)「課題だった立ち上がりも良く、調子も悪くなかった。だが途中から相手に実力を見せつけられた。勝負所を決められなかったのが敗因。次の試合はしっかり対策をして挑みます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です