【バドミントン部男子】 まさかの完敗

 4月30日大阪市中央体育館に於いて関西学生バドミントン春季リーグ戦(対龍大)が行われた。初戦(対京産大)を2ー3で敗れ、黒星スタートとなった関学。2回戦では勝利を果たすべく臨んだが、相手のペースを崩すことができず0ー5で敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・西川夏樹(経4)「今日の敗因は勝つことへの執着心が足りなかったこと。試合後、ミーティングをして一人一人の意識を確認した。残り3戦、絶対に勝つしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です