【ラクロス部男子】 勝利するも課題残す

 4月29日、鶴見緑地運動公園球技場に於いてモデルマッチ(対神大)が行われた。関学は立ち上がり勢いに乗れず神大に先制点を許すも、強さを見せつけ逆転し4―3で勝利した。
 今試合の相手は、交流戦で引き分けた神大。絶対に勝たなければならない試合であった。
 笛が鳴り試合が開始された。立ち上がり勢いに乗れない関学。チャンスをなかなか生かしきれない。そんな中、DF陣のすきをつかれ、神大に先制点を奪われる。しかし、すぐ後にAT原田(商3)が体制を崩しながらシュート。このシュートから関学の猛攻開始。一気に神大から2得点を奪い前半を折り返した。
続く後半、関学は相手に追加点を入れられるも、最後まで逃げ切り4―3で勝利した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です