【フェンシング部】 男女ともにフルーレリーグ優勝!

 4月24日、大山崎町体育館に於いて第61回関西学生フェンシングリーグ戦フルーレリーグ戦が行われた。関学は1試合目に神大と対戦。45-23で勝利すると勢いそのままに2試合目の対桃学大に45-10で圧勝した。結果、男子は3部フルーレリーグ戦で優勝。なかでも両試合を通じて長谷川涼(人1)が個人での失点を6点に抑える活躍を見せた。また、昨日行われた女子の試合は京大に45-32、神大に45-11と両試合ともに白星を挙げ、見事2部フルーレリーグ戦優勝を果たした。
試合後のコメント
主将・小泉裕平(法3)「一致団結して戦えたのが大きかった。勢いを止めないように次のサーブルリーグ戦に臨みたい」
女子リーダー・中島由起(商3)「昨年と違って点差を多くつけて勝てたのが良かった」
村田佐起子(教3)「練習したことをそのまま出せた。次は剣さばきをもっときれいにして剣先がブレないようにしたい」
長谷川涼「足が上手く動いて本来のプレーができた。今日は下からの攻撃ばかりだったので、上からの攻撃も増やしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です