【バレーボール部】 天理大に圧勝

 4月23日、大阪商業大学に於いて行われた2011年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦(対天理大)。立ち上がりこそ悪かったものの、要所で決めきりセットカウント3―0で天理大を下した。
先発メンバー 若狭麻希人(商4)、小寺航平(経4)、高橋良輔(社4)、横山雄大(人3)、佐川翔(経3)、豊島尚紀(社3)、黒木隆生(社1)
 春季リーグ戦、第5戦。相手は昨秋1部昇格を果した天理大だ。第1セット、2本連続サーブミスと立ち上がりの悪い関学。センター・黒木のスパイクで得点するも、なかなか相手を突き放すことができない。だが、4連続ポイントを挙げ、9-6に。その後もセッター・佐川が2本のサービスエースを奪い、さらに点差を広げ、14-9。対する天理大の反撃に4連続得点を許し、一気に15-15の同点に追いつかれた。サイド・高橋の強烈スパイクで相手ブロックを打ち破り、勝負強さを見せつけていく関学。そしてサイド・横山のクロススパイクが相手コートに突き刺さり、25-22で第1セットをものにした。
 続く第2セット。なかなか攻撃がかみ合わず、天理大にペースを奪われ、7-9。必死にボールを拾い上げ、相手のミスを誘った。11-11と同点まで追い上げるも、なかなかリードを奪うことができない。両校譲らず一進一退の激しいラリーを繰り広げた。相手のスパイクミスでマッチポイント。最後は横山のスパイクで25-21。第2セットを奪った。
 そして第3セット。関学が序盤から主導権を握る。センター・黒木はクイックで勢いに乗り、サービスエースを奪う。そしてセンター・若狭のスパイクで10-7とリード。だが、一瞬の気の緩みか、天理大に5連続ポイントを奪われ、逆転を許す。関学も粘りを見せ、横山の鋭いスパイクで同点に追いついた。そしてピンチサーバー・田代(人3)のサーブで相手のリズムを崩し、攻撃のチャンスを作る関学。波に乗った関学は一気にポイントを奪い、19-16に。そして高橋の強烈なスパイクで相手を翻弄(ほんろう)。そして若狭の2本連続ブロックポイントで、24-17でマッチポイントを迎える。最後は若狭、横山、佐川の3枚ブロックで相手スパイクシャットアウト。セットカウント3-0、ストレートで天理大を下した。
試合後のコメント
主将・若狭麻希人(商4)「最初は良くなかったけど途中から切り替えてできた。これからは下位との試合になる。絶対に負けられない。残り2戦も白星を挙げられるように頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です